ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

窓を生かしたい、でもデスクも欲しい。なら、カウンターデスクを「浮かせる」という手は?脚がないカウンターは床もすっきり広く見えます。

リビング・ダイニング・寝室が、異なる床高さでひと続きになる空間。段差に腰を掛けたり、背を預けたりといった使い方もできそう。

ベージュ色の壁は珪藻土。あえてコテ跡を残して味わいを演出してます。

モルタル壁との組み合わせがクールなステンレスキッチン。ハンガーバーやライティングレールにつけたフックなどで空中も有効活用。

色を取り入れた壁が色味の濃いアカシアフローリングと合っていてシック。可動収納棚にはTVボードやワークスペースを一体化させてすっきり。

キッチンとリビングを仕切っていた吊り戸棚を撤去して空間のつながりをアップ。本棚は、同じ場所に造り付けられていた天井までの棚を上段だけリユースしたもの。

リラックスチェアを置いたりグリーンを置いたり、窓辺を特別な空間にしてくれるルームテラス。窓から伝わる熱や冷気を遮る役割も。

引き戸を開けると、奥のルームテラスや和室が一体化。透明ポリカーボネート入りの欄間が、引き戸を閉めた時も空間の広がりを感じさせます。

同じプロポーションの建具がぐるりと空間を囲むLDK。アカシアフローリングと集成材で造作したキッチンが端正な空間のアクセントになっています。

プレハブ住宅のリノベーション。外壁を造り変えて、窓の位置も一新しています。

玄関を入ると横にスッと伸びる土間。家の中に外のように使える場所があると、できることが広がりそう。

ビルのペントハウスのリノベーション。斜めの天井に合わせて、引き戸も上部を斜めの形にして造作。

通路でありワークスペースであり。ただの通路じゃもったいない。幅を持たせることでフレキシブルに使える場に。

引き戸の開閉や取り外しで他の部屋とのつながり具合を操作できる寝室。床下の収納に寝具を仕舞えば、いつでもリビング・ダイニングの延長として使えます。

窓辺の床を土間仕上げに。部屋の一部でありながら、通り道やインナーテラスのような場所にもなる。

手前のリビングは、上から吊るした鴨居と床に彫り込んだ敷居に建具をはめ込めば、個室として仕切ることも。

集合住宅のいち住戸。玄関を入るとどどんと土間!自転車を置いても、デスクを置いてワークペースにしても良さそう。

鮮やかな赤色のフローリングはローズウッド。主張のある素材を空間のポイントに。

ステンレスと足場板の古材のラフな雰囲気に、白タイルでカッチリ感をプラス。

インパクト大な引き戸は、足場板の古材で作ったオリジナル。チェッカーガラスの室内窓は透け感が絶妙。

玄関土間をリビングまで延長して、開放的な玄関に。自転車置き場も確保できました。