ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

コンロやシンクに向き合う時間は意外に少ないもの。ミニマルな壁付けシステムキッチンに収納を兼ねた造作カウンターをプラスすれば、オリジナルキッチンの趣。リビングに面したオープンな洗面も使いやすそう。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

ビルの2フロアを住居にリノベーション。躯体むき出しの床壁天井、古いスチールサッシの窓がインテリアとして効いてます。

左側の開口部の奥は玄関とサニタリー。配管などを通すためにできたフロアの段差を、TV台や小上がりのステップと連動させて内装の一部に。

ダウンライトを空間の隅のほうに配置し、ペンダントライトは吊るす位置を決めて引っ掛けシーリングを設置して、天井をすっきり。頭上の要素が少ないと、空間全体もすっきりして見えますね。

さまざまなテイストがMIXしたインテリアをまとめ上げているのは、ベージュ寄りのグレーでペイントした壁と天井。壁はテクスチャーを出すために、プラスターボードの「上」にGLボンドを塗ってからペイントしています。

コンパクトながら開放感を感じるLDK。家具の木の色味とフローリングや造作棚の色味を揃えていること、目線高さの要素を減らしていることが、空間をすっきり見せている理由。

約50平米に夫婦+子供1人の3人暮らし。今はダイニングテーブルを置いていますが、キッチンにカウンターもあり、暮らし方の変化にフレキシブルに対応できそう。

ダイニングの一角に壁付けのカウンターデスクとオープン棚を造作。足元がすっきりして、空間が広々感じられます。

天井を走る鉄筋は、既存天井を解体して出てきたブレース。天井も壁もドアもブラインドもすべて白にして、光がまわる開放的な空間にしています。

すっきりした天井と、水平に伸びるカーテンボックスとライティングレール。窓がたっぷりあって間口が広い空間の広がりを際立たせています。

障子のようにぼんやりと光を通す引き戸は「布框戸」。好きな色や柄や素材の布に交換すれば、部屋の模様替えもできる。

枠の中をガラスにした引き戸と、枠の中を布にした引き戸。機能性とインテリア性を兼ね備えた建具の使い方。

寝室とキッズスペースをつなぐウォークインクローゼット。カーテンは天井から吊るしてすっきり目隠し。

天井際のスペースを利用した棚がナイスアイデア。奥行き深めなので寝具も収納できちゃいます。

玄関からオープンにつながるLDK。既存の仕上げを剥がして躯体現しにした壁や梁がワイルドです。

広い店内を床の段差でゾーニング。目線高さが少しずれるだけで、お客さんの居心地は変わりそう。

センター部分を白く塗り分けた合板の壁がユニーク。明るさ&開放感だけでなく、奥行きの演出にもなっていますね。

現しにした小屋裏と梁は白く塗装。床に貼った合板の木目とのバランスがグッド。

合板でできたボックスの内部は、キッチン&冷蔵庫スペースとバスルーム。上部はロフトになってます。

合板で造作したミニマムなキッチン。窓上のスペースを利用して取り付けた棚の下部には、バーを取り付けて使い勝手良く。

ダイニングバーが開業する予定の空間。上階住居へ続く通路の壁に取り入れた、スリット状の窓が大胆。

ブリックタイル貼りの通路はどこか街路のような雰囲気。

引き戸を開けるとLDKとひと続きになる個室。床と天井の仕上げをLDKと揃えているのがポイント。

個室の引き戸を開けると一室空間になる間取り。棚やキッチンカウンターの内側に差し色を入れるアイデアが面白い。

キッチン自体はシンプルなメーカー品でも、こんなふうにカウンターにこだわってみる手もある。

大谷石や焼き物感のあるタイル。味わいのある素材が出迎えるエントランスは、帰宅するたびほっとしそう。

牧歌的な印象が強い板貼りの壁も、こんな風に列ごとに板の表情を変えるデザインにすると、モダンな印象に。

昭和フィフティーズな模様入りの天井仕上げ材も、真っ白に塗るだけでなんかオシャレに見えてくるから不思議。

1 | 2