ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

キャメル色のソファや床、躯体現しのラフな梁、そしてブルーが鮮やかなランタン型タイル。エキゾチックな雰囲気が漂っています。

リビングでボルダリング!合板の壁に爪付きナットをあらかじめ仕込んで、好きなところにホールドを取り付けられるように。

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

すっきりした天井と、水平に伸びるカーテンボックスとライティングレール。窓がたっぷりあって間口が広い空間の広がりを際立たせています。

馬目地貼りのタイルとホーローキッチンがクラシカルな雰囲気。収納はすべて扉付きにして電子レンジもカウンターの中に。見せたい要素だけを見せる。

コンロの真上に浮遊するようにレンジフードを設置して軽やかに。梁の下にアームが曲がるライトを付けるアイデアもユニーク。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

腰高さまでの壁の天面に照明を取り付けたベッドルーム。窓辺の天井には服が掛けられるハンガーパイプを取り付けて、ルーフバルコニーからの採光を活用。

寝室は寝具サイズに合わせて床下収納付きの小上がりを造作。スポットライトは壁を照らして間接照明に。

腰高さまで塗り上げた壁が古いビルのよう。ヴィンテージな雰囲気のブルーのドアは、既製品を塗装したもの。

海外の古いアパートメントの通路のような空間。個室側の間仕切りを腰壁&カーテンにして、明かりが入るように工夫しています。

広いルーフバルコニーに面した側は、土間床のようなPタイルを貼ってインナーバルコニー風に。グリーンが良く似合います。

大きな開口部をあけた壁でゆるく仕切った小上がり。奥の寝室側との仕切りはカーテン。

キッチンが収まるタイル壁の高さに合わせてダイニング側の壁も腰高さまでペイント。目線高さの視線の抜けが強調されますね。

荒々しい躯体現しの梁がインテリアのアクセントに。採光面が多く明るい空間に、黒い天井が落ち着いた雰囲気を与えています。

手元まで隠す高さの壁で囲んだキッチンは、システムキッチンをスペック。背面カウンターの下はオープンにして、お気に入りの収納アイテムで自分仕様に収納。

ブルーが鮮やかなランタン型タイルとマスタード色の吊り戸棚がキャッチー。ワークスペースの背後はパントリーになっています。

リビングから寝室方向を見ると、ベージュの壁の合間から華やかな壁紙がちらりと覗く。お気に入りの壁を眺める日々は気分が上がりそう。

レースのようなバーチカルブラインドで仕切られたベッドルーム。華やかな壁紙とピンクベージュの天井がデコラティブなベッドにぴったり。

2面採光の明るいリビングは、ピンクベージュの天井とベージュの壁紙で落ち着いた雰囲気に。

濃いブラウンのオイルで着色したモールドドアとピンクベージュの天井が、ヨーロピアンカントリーな雰囲気。

壁付けキッチンに収納兼カウンターを組み合わせ。ピンクベージュに塗られた天井が空間に華やかさをプラスしています。

アーチ型の開口は、玄関土間側とフロア側、両方からできるできるウォークインクローゼット。ドアではなく透け感のあるカーテンで仕切ることで、空間に奥行きが生まれています。

外灯のような照明とアーチ型の開口が出迎える玄関。マンション共用部からプライベート空間へ入る際の気持ちの切り替えを行う、アプローチのような空間です。

室内窓と天井際をあけた壁で、風が抜けるベッドスペース。グレーの天井が落ち着いた空間に仕上げています。

手前のクローゼットまで土間床を引き込んだ玄関。鏡貼りのドアはクローゼットの姿見としても活躍。

右横のウォークインクローゼットと寝室はカーテンで仕切る仕様。カーテンを開ければ鏡貼りのドアは姿見となり、玄関もクローゼットの一部として広々使えます。

壁付けキッチンに、ステンレス天板のワークテーブル兼収納を組み合わせたダイニングキッチン。目線高さには収納を設けず、視界がすっきり広々感じられます。

「極力物を置きたくない」という住まい手の意向を反映して、TVは床から浮かせた壁付けに。空間づくりと同時に行えば配線もすっきり計画できます。

アーチ型の開口部と、街灯のような壁付け照明、鮮やかなブルーの黒板塗料で仕上げた壁がアクセント。天井は要素を最低限にしてすっきり。

1 | 2 | 3 | 4