ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
トグルスイッチを取り付けてもらった!

主な材料・道具

  • ペンインパクトドライバー
  • ドライバー、圧着ペンチ、ビニールテープ
材料・道具を全部みる 閉じる

つくってみました

「カチッ」というスイッチ音と操作感が病みつきになる「トグルスイッチ」。
私たちが働くtoolboxの事務所にもトグルスイッチが使われているのですが、スイッチを操作することが毎日楽しみになるような、生活に彩りを与えてくれるプロダクトです。

そんなトグルスイッチですが、電気工事が必要なため、資格を持っていない人は工事を行うことができません。
取り付けはプロの方にお願いしましょう!

一般的に普及しているスイッチに比べ、少し特殊なつけ方をするため、プロの方がどのように設置するのか、ショールームに取り付ける際の様子をレポートします。

まずは既存スイッチの取り外しから

今回はもともとあった一般的なタイプのスイッチをトグルスイッチに交換するので、まずはもともと付いていたスイッチの取り外しから。
露出配管で設置するため、ボックスは外に出ておりますが、埋め込みボックスでも基本的な設置方法は同じになります。
新設の場合は配線を伸ばし、トグルスイッチのサイズにあわせてボックスを別途ご用意ください。(各スイッチのサイズは商品ページに図面がございます。)

トグルスイッチの取り付け方だけを知りたい方は、既存スイッチの外し方は読み飛ばしていただいても大丈夫です。

トグルスイッチに限らず、電気工事のときには感電予防のため、ゴム手袋をして、ブレーカーを落として作業するのが通常です。
写真のようにその準備を終えてから、表面のプレートと、ボックスにつけられていたスイッチ本体を取り外します。

このときに使った工具は「ペンドライバー」といい、電気工事のプロはほとんどが持っているというアイテム。威力が他の電動ドライバーよりも弱く、繊細な作業に向いており、小型なので腰に巻く工具差しにも収納が可能で扱いやすいのだそうです。

私もペンドライバーに触らせていただきましたが、インパクトドライバーより軽くて、女性でも扱いやすいかも!という印象でした。

しかし、トグルスイッチの取り付け方説明書にも明記してありますが、電動ドライバーでの取り付けは、コードや、埋め込みボックスプレートの表面などを傷つける可能性もあるため、通常は手回しドライバーでの施工をおすすめしております。
今回はトグルスイッチの施工に慣れている方だったため、工程に合わせてペンドライバーと手回しドライバーを使い分けていました。

既存スイッチのコードの外し方

スイッチ本体を外すと裏側はこんな感じ。
電気屋さんでない限りめったに見ることがないかと思いますが、一般的に普及しているスイッチはこのように、穴にコードを差し込むような形をしています。
コードが差し込まれている穴の横の、縦長の穴にマイナスドライバーを差し込み、コードを引っ張るとコードは抜けるようになるので、この手順で全てのコードを抜きます。
1つしかスイッチが付いていないタイプの物以外、このコードをどこに繋げるかでスイッチと連動する照明の位置が変わるので、どこのスイッチでどの照明を点けたいのかを考慮して、テープなどで印をつけておくとわかりやすいそうです。

ここからがトグルスイッチの取り付け方!

¥5,996
サイズ:W70×H120mm(プレート厚 t3mm) 素材:アルミ(プレート) 付属:3路対応トグルスイッチ×2個 用途:照明用

まずは各コードに対して、付属の「圧着端子」を差し込んで、「絶縁キャップ」をはめていきます。

上が絶縁キャップ、下が圧着端子です。

このときに、電線がゴム皮の下に潜ってしまっていたら、「ストリッパー」という工具を使ってゴム皮を剥き、電線を出してから装着するようにする必要があるそうです。
今回は電線がしっかり出ていたのでそのまま次の作業に。

圧着端子をはめたら「圧着ペンチ」で潰して固定。
普通のペンチでは圧着することができないのでご注意ください。

しっかりと圧着されました。

ここでは、圧着端子と絶縁キャップを使ったトグルスイッチの取り付け方を紹介していますが、電気屋さんの中には違う配線の仕方をされる方もいらっしゃいます。
陶器スイッチをプロに取り付けてもらった!」の記事内で紹介していますのでよろしければそちらもご覧ください。

コードとスイッチを接続します

コードの下準備が整ったら、トグルスイッチ本体との接続です。

トグルスイッチの裏側はこんな感じ。

このスイッチに付いているビスを一度外し、圧着端子の輪っかをビスに引っ掛けて留め直します。

このとき、どこにどのコードを繋げるかも重要です。
配線を伸ばす工事のときにしっかりとされていれば、黒線は電源に繋がっているので、電源に繋がっているコードはスイッチの真ん中の端子に。残りの白線を下の端子に繋げます。
白線を上の端子に繋げても照明を点けることはできますが、通常スイッチは上にするとON、下にするとOFFなところが逆になってしまいます。ご注意ください。
また、スイッチには1箇所のスイッチだけでON/OFFする片切りスイッチ、2箇所のスイッチを使ってON/OFFする3路スイッチなどがあります。
トグルスイッチは片切り、3路どちらにも対応しており、今回は片切りになる方法で接続しました。
そのため、1つ接続端子が余っていますが、それは3路用なので問題ありません。
3路でご利用の場合は、白線の他に赤線が出ているのが通常ですので、黒を真ん中、白と赤を上下に繋げてください。
一般的なスイッチの裏にはコードを繋げる部分に数字がふられていますが、トグルスイッチの端子をその数字に当てはめると、真ん中が0、上が1、下が3となります。

電気屋さんでないとこの辺りは難しいので、私も初めて知ったことばかり。
とりあえず「コードを繋げる場所にはルールがある。」ということだけは、充分理解することができました!

全てのコードを繋ぎ終わったら、使わない端子と、念のため絶縁キャップをはめたところにもビニールテープを巻いて絶縁しておきます。(下のスイッチも同じく巻いておきます。)
絶縁する理由は、埃などが原因で発火する危険性があるからです。安全のためにしっかり絶縁してくれていました。

スイッチをボックス内に入れ込みます

ここまできたらボックスの中にコードとスイッチを収納して、プレートをボックスに取り付けるだけ!あと少し!

と、思いましたが、このコードとスイッチを収納するのが大変そうです。
狭いボックスの中に無理のないよう綺麗にしまい、ビスの干渉を受けない位置にコードを配置する必要があるので、指で頑張って調整。

一度プレートを取り付けようとするも、ビスの下にコードを噛んでしまい、やり直すことになりました。

こちらの2枚はうまく行った時の様子。
ペンインパクトドライバーで途中まで閉めますが、最終的には手回しドライバーを使って留めています。
これは、失敗した時のように、ビスの下にコードが挟まっていて、コードを切ってしまうようなトラブルがないように、感触を確かめながら留めているのだそうです。
でも、先ほどもお伝えした通り、慣れていない場合は最初から手回しドライバーのご使用をおすすめします。

つい操作したくなるスイッチの完成!

toolboxショールームの一角に、ついつい触りたくなるスイッチの完成です。
ショールームにお越しになることがあれば、皆様もぜひトグルスイッチのON/OFFお試しください。

この方に取り付けていただきました

今回、電気工事を行ってくださったのは、電気工事士の見田さん。
音楽活動も行っていて『THE BOCOS』(ボコス)というグループ名で活動されています。
聴いていると私はコーヒーが飲みたくなるので、ホッと一息入れたいときにぴったり。
ぜひ聴いてみてください。

まとめ

使った道具

工具
ペンインパクトドライバー
道具
ドライバー、圧着ペンチ
副資材
ビニールテープ

かかった費用

【トグルスイッチ】プレート01-2縦
5,996円
副資材
200円
取付け費(既存壁補修・交通費含まず)
3,000円
合計金額 9,196円 ※2017年10月時点

所要時間

8分

取付け費用については、普通は1戸分すべての工事をお願いするので、スイッチ1ヶ所のみをお願いする状況はほとんど無いかと思います。
上記の費用は、ショールーム内の他の電気工事もお願いしたうちの、1ヶ所分の見積りの金額です。
通常1つのスイッチを交換するだけの場合は割高になります。
取り付け費用に関しましては、実際にお願いされるプロの方にお問い合わせください。

紹介した商品

¥5,996
サイズ:W70×H120mm(プレート厚 t3mm) 素材:アルミ(プレート) 付属:3路対応トグルスイッチ×2個 用途:照明用

「照明・電気」のHow to make

2017.04.03

陶器スイッチをプロに取付けてもらった!

プロでもなかなか取付ける機会が少ない、丸型スイッチの取付けを紹介します。
プロ
2015.04.14

スポットライトを付けて大人な空間を作ってみた!

誰でも簡単に出来る、取付式配線レールとスポットライトの取り付けに挑戦! 思い立ったらすぐに出来てしまいます!
DIY