ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
ブリックタイルを貼ってみた!
How to make 〜つくってみました〜

この連載について

DIYからプロの施工方法まで、toolboxアイテムを使った施工のノウハウをお届けします。同じ商品でも技術や道具や環境でやり方は変わるもの。まずは自分たちがやってみた体験談として、空間の作り方をご紹介します。

カテゴリー

ブリックタイルを貼ってみた!

2015.04.16

HTM_ブリックタイル_トップ

みんな憧れのブリックタイルの壁。古いレンガ風の均一ではないテクスチャーが魅力ですよね。今回はtoolboxの常連かつDIY上級者のお客さん宅で、toolboxのブリックタイルを貼ってきました。タイル貼りは初めてとの事で、今回はDIYサポートを併せてのご利用です。

一度はチャレンジしてみたいタイル貼り、結論から言いますと、特にブリックタイルはDIYではかなりの根気と時間が必要です…。

主な材料・道具
材料:【ブリックタイル】ホワイト
工具:グラインダー
道具:【基本の道具工具】コンベックス
タイル用ノコギリ、スコヤ、鉛筆、コテ、くし目コテ、コテ板
副資材:タイル用ボンド、マスカー、養生シート

 

タイルを貼る前に

HTM_ブリックタイル_タイル

今回使用するブリックタイル(写真下)は通常のタイル(写真上)と比べてご覧の通り直線ではありません。従って、水平垂直を設定しづらいという点がまずブリックタイルの施工難易度が高い所以です。
HTM_ブリックタイル_before
今回はこちらの壁一面に貼っていきますが、ドアや小窓の枠が絡むので、そこもちょっと難しい点になります。予めタイル自体の厚さと、ドア枠の出寸法をチェックし、またスイッチやコンセントの有無も確認しておきましょう。
なお、今回対象となる壁は塗装用の下地クロスが貼られたプラスターボードの壁。

割り付け作業

汚れないように床を養生したら、まずは「割り付け」と呼ばれる作業。
基本的にタイルを貼る際は、どこかに中心を決めて水平・垂直方向に基準線を引き、それをガイドに貼っていきます。タイルの寸法と貼る面の上下左右の寸法を考慮し、予めガイドラインを引きます。

ちなみに今回は一番目を引くドアの中心から割り振りをしたので、ほらこの通り、ドア枠の両サイドでバランス良く貼れましたよ。

ボンドを塗ります

HTM_ブリックタイル_ボンド1

割り付けを終えてスタートする位置を決めたら壁にボンドを塗っていきます。ボンドは乾きが早いので、貼るスピードを想定してある程度の範囲で抑えました。
まずは普通のコテである範囲をざっとヌリヌリ。
HTM_ブリックタイル_ボンド2

次はくし目コテという溝の付いたコテでボンドを波状に仕上げていきます。こうするとタイルにボンドが乗りやすくなるんですね。

ようやく貼る工程!

HTM_ブリックタイル_貼る1

お待たせいたしました。ようやく貼りましょう。
基準の線を目安にまず1枚。うーん、意外とあっさりくっついた。壁に圧着するようにグッと押し付けながら、ボンドの感触を確かめながらの作業です。
HTM_ブリックタイル_貼る2

ちなみに通常タイルには目地を詰めるため目地幅を空けて貼るののですが、時間も手間も労力もかかるため、今回は目地無しで所謂「突き付け」という貼り方をしました。
HTM_ブリックタイル_貼る3

また、馬貼りというタイルを半枚づつずらした貼り方をしています。縦と横のガイドラインと感覚だけを頼りに貼り進めます。
繰り返しますが、タイルが直線ではないため少し隙間を空けたり空けなかったり、ラインが通っているかを確認しながら貼り進めます。

タイルを切る

HTM_ブリックタイル_切る1

意外かもしれませんが、この切る作業が一番の難関かつ一番時間のかかる作業です。
貼る時間よりもこの切る時間の方が長い!
通常の磁器製タイルであれば、タイルカッターと呼ばれるタイル専用のカッターである程度簡単に切れるのですが、ブリックタイルはセメント製なので、ノコギリでレンガを頑張って切る、というより削り落とすに等しい作業です。
レンガ用のノコギリで、ギコギコというよりガリガリ。
HTM_ブリックタイル_切る2

半分程溝ができたら体重をかけてエイっとやると、ボキっと折れます。
HTM_ブリックタイル_切る4

折れた断面は凸凹しているので、ニッパーやペンチである程度ガリガリやって真っすぐにします。
HTM_ブリックタイル_切る5

ちなみにプロはグラインダーと呼ばれる電動のカッターを持っているので切断は手動よりは簡単ですが、これはこれで信じられないくらい粉塵が舞います。部屋中にいる全員が真っ白になること間違いありません。
HTM_ブリックタイル_切る6

という事で、大半の方がこの切るという作業のところで断念されることでしょう。根性のある方のみ前に進めます。

細かな部分

大きな面は何の加工も必要なく、それこそ鼻歌混じりでフンフン貼り進められますが、窓枠やコンセント、壁際や天井と床の際等はカットが必要になります。
HTM_ブリックタイル_細部1
HTM_ブリックタイル_細部2

うわー、これも窓枠が邪魔してちょーっとの事でもカットしないとですね。
逐一寸法を測り、その寸法でカットする他ありません。頑張りましょう。
HTM_ブリックタイル_細部4HTM_ブリックタイル_細部3

HTM_ブリックタイル_細部6

何度も言ってしまいますが、貼る作業よりもカットの作業により時間を費やします。窓枠や壁の端等の絡みが多ければ多い程カット数は多くなります。
強い心と覚悟が必要になります。

貼り終わり

HTM_ブリックタイル_細部5HTM_ブリックタイル_細部7

さぁようやく最後になりました、壁際です。
切り口断面の見える見えないを気にして貼りましょう。

お、終わった!

ついに完成!
おしゃれ店舗みたいな壁が完成しました!
HTM_ブリックタイル_完成1HTM_ブリックタイル_完成2

こうしてサポーター2人+お客さん1人の2日間に及ぶ壮絶な戦いが幕を閉じました。
完成した瞬間の感動といったら、そりゃみんなで飲みにでも行っちゃいますよね!(実際には行きませんでした)
HTM_ブリックタイル_完成3

苦労をともにしたメンバーは既に戦友。記念写真もパシャり。
素人がやるもんじゃない、との感想をいただきましたがこれで絶対に愛着と思い入れのある壁になったはずです。

ブリックタイル以外で、二丁掛けタイルモザイクタイルを貼った記事はそれぞれのリンクからどうぞ。

まとめ

使った商品
【ブリックタイル】ホワイト
使った道具
工具
グラインダー、タイル用ノコギリ
道具
ニッパー、スコヤ、鉛筆、コテ、くし目コテ、コテ板
コンベックス
副資材
タイル用ボンド、マスカー、養生シート
かかった費用
【ブリックタイル】ホワイト
5,980円×10ケース
【DIYサポート】サポートセット
2,4000円×4セット+交通費・駐車場代10,000円
副資材
約20,000円

合計金額

185,800円

*2015年4月時点での金額。

所要時間

2日

通常通りタイルに目地をつけると作業工程は倍以上となり、プロのタイル屋さんでも5日はかかる作業となります。ブリックタイルは直線がないので施工難易度はかなり高く、DIYでの施工はかなりの根気と時間が必要になるでしょう。

「基本の道具工具」のHow to make

2017.06.19

壁に板貼りパネルを貼って塗ってみた!

細長いパネルを貼り合わせていくだけ!あっという間に壁の一部が板張りに。

2017.03.27

ウッドブラインドをリビングに取り付けてみた!

ウッドブラインドはインパクトドライバー1本あれば取り付けが出来てしまいました!

2016.06.08

フローリングを貼るための下地を組んでみた!

フローリングを貼るためには、フローリング材だけでなく、そのための"下地"を整えることが重要です!