空間づくりのアイデアをお届けしていきます。

色々な色や形があって、見てるだけでわくわくするタイルの世界。
造作のカウンターに貼り込んだり、床にパターン貼りをして空間の中での視覚的な効果を増幅させたり。

空間と一体的にみえるような取り入れ方をすることで、タイルの特性を活かしたオリジナリティあふれるスペースが出来上ります。
ニュースレターでもお届けしている、そんなタイル使いのアイデアをご覧ください。

case1

天板厚み分もタイルで仕上げた店の顔となるカウンター

レトロなタイル貼りの築古建物の1階で、室内にも外壁と似たようなイメージの「レトロエイジタイル」を貼り巡らせた定食屋さん。床、壁の一面とカウンターの天板はモルタルでシンプルに仕上げ、正面の壁と店の主役となるカウンターに同じタイルを貼りました。

床から立ち上がり天板の厚み部分までもタイルで強調。外の世界が室内にも入り込んだような、古き時代と現代が混じった世界がつくりだされていますね。

この事例についての記事を読む>

case2

L字のコーナー棚を含めた洗面台はハニカムで一体感を演出

一目ぼれしたという白のマットな「ハニカムタイル」を造作した洗面台と壁沿いに細長く続く棚部分にまで一体的に張り上げた事例。

タイル幅に合わせた10cm強のディスプレイコーナーをつくることで、グリーンや絵を飾れるように。そんなに広くないスペースも工夫次第で、すっきり自分らしさが表現できる場所になりますね。

この事例についての記事を読む>

case3

鏡で奥へと増幅するストライプのタイル土間

玄関扉をあけるとオープンな空間が広がるマンションリノベ事例。

玄関スペースを兼ねて横に広がる土間部分には、白と青のタイルを斜めストライプ貼りに。さらに突き当たりの壁に床から立ち上がる鏡を付けることで、そのストライプパターンが奥へと続いていき、空間が広がって見えるような視覚効果をもたらしていますね。

この事例についての記事を読む>

このテーマに関する商品たち

レトロエイジタイル
艶渋の深み
釉薬たっぷり、深みのあるタイルです。サイズは、二丁掛けと小口平の2種類。レトロな雰囲気はもちろん、色味によってシャープな空間にも。
¥5,200/㎡〜

case1で使われているのは、ブラウンの2丁掛け。深い色味が特徴です。

ハニカムタイル
蜂の巣レトロ
どこか懐かしさを感じる六角形のモザイクタイル。釉薬のムラや質感が特徴的です。
¥6,600/㎡〜

case2で使っているのは、こちらのマットホワイト。シート単位で購入できます。

古窯70角タイル
窯焼きのムラ
焼物独特の表情を持つ約7cm角のタイルたち。釉薬、布目模様が特徴的です。
¥5,500/㎡

あまり見ないサイズ感と色、質感が特徴的です。