手軽に開け閉めできて、風が通る。
素材によって光の入り方や目隠し具合をコントロールできる、カーテンという存在。

その特性を活かし、窓に付けるだけじゃなく、空間の間仕切りに使ってみるのはどうでしょう。

壁や建具で間仕切りをする方法もありますが、カーテンで間仕切るほうが空間の使い勝手を広げられることも。

ニュースレターでも配信している、カーテンの素材感や取り付け箇所の工夫で、軽やかな空間をつくり出すアイデアをご紹介します。

case1

窓に合わせずベッドを囲んで、優しい光に包まれる目覚め

ベッドを取り囲む淡い3色のカーテン。差し込む柔らかな光が印象的な寝室は、小さい一棟ビルをリノベした3階に位置します。

カーテンをあえて窓に取り付けず、ベッドに添うように取り付けることで、落ち着きあるこもり感を実現。ベッドと窓の間にもう一つ空間が生まれるのも面白いですね。

この事例についての記事を読む>

case2

2つのカーテン使いで柔らかな光に包まれた廊下を演出

光が透ける窓辺のガーゼカーテンと、イエローのカーテンのふんわり感が印象的な廊下。イエローのカーテンの奥にはウォークインクローゼットが続いています。

建具ではなくカーテンで仕切ることで、勾配天井による開放感が損なわれず、出入りもしやすい空間になっています。ビタミンカラーも、グレーの壁面を引き立てていますね。

この事例についての記事を読む>

case3

ワンルームの中で緩やかに仕切られたデスクコーナー

風が通る部屋にしたかったと、壁を取っ払い広いワンルームにしたこちらのマンションリノベ事例。

リビング一角のデスクコーナーは天井からガーゼカーテンを吊るして、仕事中や来客時に仕切れるように。こもり感がありつつ、ほどよい透け具合が開放感も感じさせてくれます。

白く塗装したコンクリート躯体の壁とフローリングのあいだを、ガーゼの優しい素材感が取り持っています。

この事例についての記事を読む>

このテーマに関する商品たち

ガーゼカーテン
一緒に暮らす、心地よさ
飾り気なく控えめ。空間を引き立て、年月が経っても飽きない、綿100%の気持ちの良いレースカーテンです。
¥4,990〜

case3で使われている、ナチュラルな質感が人気のカーテン。

シーチングカーテン
洗いざらしのシーツのような
綿100%のシーツ生地カーテン。 洗いざらしの自然なしわがお部屋にリラックス感を生み出す、気取らないカーテンです。
¥5,900〜

シンプルでさらっとした表情が魅力。通常のカーテンレールにかけるタイプとハトメを選べます。

華奢カーテンレール
かろやかな窓辺
空間を心地よくする、かろやかな存在感のカーテンレールです。50cm〜244cmまでのあいだでサイズオーダーが可能。シングルとダブルの展開です。
¥10,000〜

レール自体を目立たせたくない時に。

木製カーテンレール
窓際の名脇役
木製のカーテンレールです。お好みの幅、シングル/ダブルレールを選んでオーダーできます。
¥8,150〜

樹種を選べます。窓際に木のアクセントを取り入れて。