ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
toolbox Pin-up
toolbox Pin-up

toolbox Pin-upとは?

このブログでは、toolboxでご購入いただいたお客さまが実際に商品を導入した風景を写真でお届けします。商品を検討する際の参考としてご覧ください。

アーカイブ

Pin-upカテゴリー

トグルスイッチ(59)
トグルスイッチ(59)
アイアン塗料(59)
アイアン塗料(59)
ハンガーバー(45)
ハンガーバー(45)
アメリカンスイッチ(1)
アメリカンスイッチ(1)
足場板の床(33)
足場板の床(33)
棚受け金物(28)
棚受け金物(28)
ミニマルキッチン(13)
ミニマルキッチン(13)
工業系レセップ(32)
工業系レセップ(32)
継ぎ無垢フローリング(25)
継ぎ無垢フローリング(25)
5mm厚の足場板(31)
5mm厚の足場板(31)
工業系照明(7)
工業系照明(7)
ソケットランプ METAL(22)
ソケットランプ METAL(22)
リングの棚受け(26)
リングの棚受け(26)
レトロブラケットライト(19)
レトロブラケットライト(19)
テーブル脚(26)
テーブル脚(26)
フリーカット集成材(18)
フリーカット集成材(18)
デッドストック壁紙(1)
デッドストック壁紙(1)
ハニカムタイル(6)
ハニカムタイル(6)
ガラスボール照明(17)
ガラスボール照明(17)
黒板塗料(16)
黒板塗料(16)
ガーゼカーテン(19)
ガーゼカーテン(19)
鉄の脚(20)
鉄の脚(20)
木のつまみ(17)
木のつまみ(17)
ヴィンテージ加工フローリング(10)
ヴィンテージ加工フローリング(10)
ソケットランプ(12)
ソケットランプ(12)
造り付け本棚(20)
造り付け本棚(20)
BRIWAX(15)
BRIWAX(15)
ステンレスフレームキッチン(6)
ステンレスフレームキッチン(6)
把手の金物(11)
把手の金物(11)
新品の足場板(12)
新品の足場板(12)
突板合板(6)
突板合板(6)
土間タイル(2)
土間タイル(2)
配線レール用スポットライト(7)
配線レール用スポットライト(7)
真鍮金物(10)
真鍮金物(10)
無垢床タイル(17)
無垢床タイル(17)
レトロエイジタイル(8)
レトロエイジタイル(8)
ビンテージLED電球(2)
ビンテージLED電球(2)
ベンジャミンムーアペイント(11)
ベンジャミンムーアペイント(11)
カウンターデスク(17)
カウンターデスク(17)
Lアングルテーブル脚(13)
Lアングルテーブル脚(13)
古窯70角タイル(1)
古窯70角タイル(1)
パーケットフローリング(9)
パーケットフローリング(9)
木の手摺(11)
木の手摺(11)
白熱クリア電球(2)
白熱クリア電球(2)
フリーカット無垢材(6)
フリーカット無垢材(6)
マリンブラケットライト(4)
マリンブラケットライト(4)
水性カラー黒板塗料(6)
水性カラー黒板塗料(6)
ペーパーホルダー(14)
ペーパーホルダー(14)
ガラスステッカー(3)
ガラスステッカー(3)
看板灯(11)
看板灯(11)
木製パインドア(7)
木製パインドア(7)
マリンデッキライト(8)
マリンデッキライト(8)
アイアンハンガーパイプ(3)
アイアンハンガーパイプ(3)
ミニマルレンジフード(7)
ミニマルレンジフード(7)
間伐材フローリング(3)
間伐材フローリング(3)
廃材家具(4)
廃材家具(4)
スライスウッド(11)
スライスウッド(11)
木製カーテンレール(8)
木製カーテンレール(8)
幅はぎ集成材(3)
幅はぎ集成材(3)
カプセルライト(6)
カプセルライト(6)
マグネット塗料(5)
マグネット塗料(5)
角丸棚板(10)
角丸棚板(10)
廃材シェードランプ(5)
廃材シェードランプ(5)
オールドヴィレッジフローリング(2)
オールドヴィレッジフローリング(2)
アイアンカーテンレール(9)
アイアンカーテンレール(9)
古木タイル(9)
古木タイル(9)
フロストタイル(7)
フロストタイル(7)
ウォールステッカー02(2)
ウォールステッカー02(2)
水彩タイル(8)
水彩タイル(8)
オーダーキッチン天板(2)
オーダーキッチン天板(2)
可動収納棚(9)
可動収納棚(9)
大理石/陶器の把手(1)
大理石/陶器の把手(1)
遮音フローリング(5)
遮音フローリング(5)
古材本棚(7)
古材本棚(7)
ハンガーブラケット照明(8)
ハンガーブラケット照明(8)
メタルネームプレートケース(6)
メタルネームプレートケース(6)
ミルクガラス照明(3)
ミルクガラス照明(3)
鎚目模様のシェードランプ(1)
鎚目模様のシェードランプ(1)
裸電球照明(6)
裸電球照明(6)
ヒノキ卓(7)
ヒノキ卓(7)
ペイント壁紙 花柄(3)
ペイント壁紙 花柄(3)
メタルシーリングライト(2)
メタルシーリングライト(2)
インダストリアルアームライト(4)
インダストリアルアームライト(4)
ブラックフレームキッチン(1)
ブラックフレームキッチン(1)
亜鉛メッキのマルチバー(4)
亜鉛メッキのマルチバー(4)
ラスオークフローリング(2)
ラスオークフローリング(2)
蜜ろうワックス(9)
蜜ろうワックス(9)
ハンドテイストフローリング(4)
ハンドテイストフローリング(4)
チェアハンモック(4)
チェアハンモック(4)
ファクトリーフローリング(2)
ファクトリーフローリング(2)
ジムフローリング(1)
ジムフローリング(1)
真鍮ソケットコード(6)
真鍮ソケットコード(6)
シェードランプ(3)
シェードランプ(3)
ファクトリーランプ(3)
ファクトリーランプ(3)
アイアンドアハンドル(6)
アイアンドアハンドル(6)
羽目板の壁(6)
羽目板の壁(6)
船舶照明(1)
船舶照明(1)
業務用白塗料(5)
業務用白塗料(5)
リネンカーテン(5)
リネンカーテン(5)
カラー杉板(2)
カラー杉板(2)
直貼りフローリング(5)
直貼りフローリング(5)
スケッチペイント(2)
スケッチペイント(2)
古材天板(1)
古材天板(1)
ガード照明(3)
ガード照明(3)
イージーロックフローリング(2)
イージーロックフローリング(2)
ホワイトミニマルキッチン(1)
ホワイトミニマルキッチン(1)
メキシコタイル(2)
メキシコタイル(2)
真鍮タオルハンガー(6)
真鍮タオルハンガー(6)
レバーハンドル玄関ポスト(6)
レバーハンドル玄関ポスト(6)
ボールライト(2)
ボールライト(2)
真鍮立方体つまみ(4)
真鍮立方体つまみ(4)
革の把手(1)
革の把手(1)
有田焼のタイル(1)
有田焼のタイル(1)
SUSキッチン水栓(1)
SUSキッチン水栓(1)
ブリックタイル(4)
ブリックタイル(4)
野ざらしフローリング(1)
野ざらしフローリング(1)
手編みロープ照明(1)
手編みロープ照明(1)
真鍮ペーパーホルダー(5)
真鍮ペーパーホルダー(5)
ラーチ合板パネル(3)
ラーチ合板パネル(3)
木製室内窓(4)
木製室内窓(4)
素焼きレセップ(6)
素焼きレセップ(6)
ミニマルシンク(4)
ミニマルシンク(4)
黒木フローリング(1)
黒木フローリング(1)
レトロペンダントライト(1)
レトロペンダントライト(1)
ウッドブラインド(2)
ウッドブラインド(2)
ボールアームライト(1)
ボールアームライト(1)
木製ガラス引き戸(5)
木製ガラス引き戸(5)
アルミミラー(4)
アルミミラー(4)
ポルトガルタイル(1)
ポルトガルタイル(1)
スクラップウッド壁紙(1)
スクラップウッド壁紙(1)
インダストリアルフック(2)
インダストリアルフック(2)
取付式配線レール(3)
取付式配線レール(3)
木製把手(2)
木製把手(2)
古材ミラー(5)
古材ミラー(5)
ラーチの吊り戸棚(4)
ラーチの吊り戸棚(4)
瀬戸本業タイル(2)
瀬戸本業タイル(2)
スクールパーケット(1)
スクールパーケット(1)
シルエットLED電球(3)
シルエットLED電球(3)
レリーフキャンバス壁紙(2)
レリーフキャンバス壁紙(2)
天井解体(3)
天井解体(3)
麻の葉タイル(2)
麻の葉タイル(2)
BOX棚(1)
BOX棚(1)
畳フローリング(1)
畳フローリング(1)
密着プライマー(3)
密着プライマー(3)
自転車フック(4)
自転車フック(4)
ラスティックタイル(1)
ラスティックタイル(1)
スチールプレート脚(2)
スチールプレート脚(2)
耐振電球(3)
耐振電球(3)
メタルシェルフ(1)
メタルシェルフ(1)
チャイナブリック(1)
チャイナブリック(1)
モルタル天板(1)
モルタル天板(1)
旧ウッドブラインド(2)
旧ウッドブラインド(2)
照明位置調節器(3)
照明位置調節器(3)
和紙の置き畳(1)
和紙の置き畳(1)
バルコニーデッキ工事(2)
バルコニーデッキ工事(2)
麻の蚊帳(2)
麻の蚊帳(2)
飾り棚(3)
飾り棚(3)
麦わらボード(2)
麦わらボード(2)
ウッドシャッター(2)
ウッドシャッター(2)
古材フレーム(1)
古材フレーム(1)
ラーチのサイドキャビネット(1)
ラーチのサイドキャビネット(1)
帆布カーテン(1)
帆布カーテン(1)
鉄の方立(2)
鉄の方立(2)
半磁器手洗い器(5)
半磁器手洗い器(5)
大型集魚灯電球(1)
大型集魚灯電球(1)
ラワンの洗面ミラー(3)
ラワンの洗面ミラー(3)
オーダーフラッシュドア(2)
オーダーフラッシュドア(2)
フラットレンジフード(1)
フラットレンジフード(1)
DIYサポート(3)
DIYサポート(3)
ワイヤーラック(2)
ワイヤーラック(2)
布縁の置き畳(2)
布縁の置き畳(2)
配線レール用木製カバー(2)
配線レール用木製カバー(2)
サインペインティング(3)
サインペインティング(3)
金平糖真鍮つまみ(2)
金平糖真鍮つまみ(2)
パイン古材(2)
パイン古材(2)
マクラメ グリーンハンギング(1)
マクラメ グリーンハンギング(1)
古材の三本脚スツール(2)
古材の三本脚スツール(2)
タイル柄クッションフロア(2)
タイル柄クッションフロア(2)
布框戸(ぬのかまちど)(1)
布框戸(ぬのかまちど)(1)
陶器スイッチ(1)
陶器スイッチ(1)
シーチングカーテン(1)
シーチングカーテン(1)
ヘキサレバーハンドル(1)
ヘキサレバーハンドル(1)
木製パインルーバー折れ戸(1)
木製パインルーバー折れ戸(1)
キッチン扉交換(1)
キッチン扉交換(1)
押入改造(2)
押入改造(2)
スチールラック(1)
スチールラック(1)
壁掛けシューズラック(1)
壁掛けシューズラック(1)
米松テレビボード(1)
米松テレビボード(1)
ランドリーベルト(2)
ランドリーベルト(2)
廃材収納&スツール(1)
廃材収納&スツール(1)
ホワイトボード天板(1)
ホワイトボード天板(1)
真鍮スイングバー(1)
真鍮スイングバー(1)
障子(1)
障子(1)
工業系タスクライト(1)
工業系タスクライト(1)
アイアンホイール(1)
アイアンホイール(1)
ワンタッチドアハンドル(1)
ワンタッチドアハンドル(1)
ワンルームパッケージ(1)
ワンルームパッケージ(1)
DIY珪藻土(2)
DIY珪藻土(2)
アイアン小物(2)
アイアン小物(2)
ウッドスクリーン(2)
ウッドスクリーン(2)
窓上の棚(1)
窓上の棚(1)
ポスターハンガー(1)
ポスターハンガー(1)
トイレットペーパーBOX(1)
トイレットペーパーBOX(1)
窯焼きボーダータイル(1)
窯焼きボーダータイル(1)
スポットライト(2)
スポットライト(2)
ソーホースブラケット(1)
ソーホースブラケット(1)
ウッドウォールパネル(1)
ウッドウォールパネル(1)
ウォールステッカー(1)
ウォールステッカー(1)
米USED建具(1)
米USED建具(1)
手描き柄の壁紙(1)
手描き柄の壁紙(1)
カラー柿渋塗料(1)
カラー柿渋塗料(1)
フェルトポット(1)
フェルトポット(1)
ダイヤ柄の壁紙(1)
ダイヤ柄の壁紙(1)
足場板(1)
足場板(1)
ライティングレールプラグ(1)
ライティングレールプラグ(1)
簡易取付式ライティングレール(1)
簡易取付式ライティングレール(1)
カスタムキッチン(1)
カスタムキッチン(1)

事例写真募集中!

toolboxでは、toolsが皆様のお手元に渡った”その後”のお写真や感想を随時募集しております。
お寄せいただいた写真の中から一部こちらのブログでも紹介させていただきます。是非ご協力ください。

ダイニングを彩る

2018.05.24

ライティングレールに憧れるけど、「賃貸だから」「工事が必要だから」とあきらめている方、いませんか?

そんな方におすすめなのが、今回ご紹介する事例でお使いいただいた『簡易取付式ライティングレール』。
引っ掛けシーリング用のローゼットに取付けることができるライティングレールです。

こちらの事例では、簡易取付式ライティングレールをダイニングに設置していただきました。

小ぶりのペンダントライトを複数並べて付けることで、空間のアクセントに。
白タイルのカウンター台とのコーディネートも素敵で、お茶を入れる時間が楽しくなりそうです。

『簡易取付式ライティングレール』のカラーはカラーはブラックとホワイトの2色展開。
こちらのお客様は迷いに迷って、ブラックに決められたそう。

「黒もとても気に入っていますが、白でもまた違った印象になったのかなと。模様替えが好きなので、また利用させていただきます!」

と、とってもうれしい感想をお寄せいただきました。
たしかに、電気工事がいらないので、模様替え感覚で簡単に交換できるというのも、このライティングレールの魅力ですね。

『ライティングレールプラグ』を使えば、照明以外にもグリーンやオブジェを吊るすことも可能です。
ライティングレールによってインテリアの楽しみ方が広がるということを教えてくれる事例でした。

 

(ヤマキ)

Black Lighting

2018.05.20

ご自宅に、2種類の照明をお使いいただいた事例のご紹介です。

まずは、洗面所に『レトロブラケットライト』。

お客様の率直なご意見をご紹介。
「横から見るとステキな照明なので、つける場所を間違えたような気がしています。
洗面室だと正面から見ることが多いので。」

確かに、鏡の前に立った時、見上げると見えるのは電球と丸いシェードのみですね。
でもこのお写真の角度でも分かるように、洗面所に入って来る時には、アームの絶妙なカーブの形状を愛でることができます。
もし横に取り付けるとしたら、2台設置して左右から均等に照らした方が良いので、1台使いの場合、「洗面台の照明」の機能としては、このように正面取り付けでOK!!と思います。

そしてお次は、寝室の天井に『ガラスボール照明』を。

目覚めるとParisの景色。

モノトーンでまとめられた寝室に、クリアガラスが違和感なく溶け込んでいます。
先ほどの洗面所とはまた印象が変わって、ギャラリーのように格好良い空間ですね。

『ガラスボール照明』はコード長が1.5mと長く、その為天井が高い空間にも合うのですが、
やはり一般的な天井高のお部屋への導入の場合は、長さを調節する必要があります。

こちらのお客様の場合は、同系色の「コードリール」で綺麗にまとめていらっしゃいます。
ペンダント照明のコード長さを調節する為の部品(コードハンガー/コードクリップ/コードアジャスターなど)は様々市販されていますので、デザイン等考慮の上お選びください。

使用感も含め、お写真をお送りいただきありがとうございました。

(タキザワ)

遊べるテレフォンボックス

2018.05.18

フリーアドレスのオープンなオフィスに現れたプライベート空間。
「テレフォンボックス」の事例写真をいただきました。

写真を送ってくれたのは建築設計事務所のOpen A。
toolboxのグループ会社でもあります。

Open Aのオフィスは写真の通り、楽しい仕掛けが随所に潜んでいて、好きな場所で好きなように仕事ができる、まるで公園のように居心地がいい空間です。

自分たちのオフィスとして以外に、シェアオフィスとして場所を貸し出していたりもするので、普段はオープンで自由に仕事をしつつも、誰にも聞かれないように電話したいときや、こもって仕事したいときなんかにはテレフォンボックスは重宝されそうです。
かく言う私は、囲まれてると落ち着くタイプなので、もしtoolboxにあったら常に入って仕事がしたいです。笑

このテレフォンボックス、最初の写真で気づいていた人もいるかもしれませんが、ゲームセンターなどにいるUFOキャッチャーが付いています!

と言うのも、そもそもの原材料がこの使わなくなったUFOキャッチャー。
これをリノベーションして作ったそう。

よく見ればテレフォン“キャッチャー”
動かすことはできないそうですが、見てると思わず動かしてみたくなるから不思議です。

ここからは使ってもらった商品の紹介を。
導入してもらったのは『アイアン塗料』『足場板』『BRIWAX』『黒板塗料』『イージーロックフローリング』です。

まず外装のグレーの部分には『アイアン塗料』のシルバーグレー。
個人的にこの色が一番好きなのですが、適度なムラでさらにいい感じに。
黒い部分には『黒板塗料』が塗られていて、メモ書きができるようになっています。

『足場板』と『BRIWAX』はデスクの天板に。
ラスティック色のBRIWAXで足場板に深みが増しています。

最後に、BOX内の床に『イージーロックフローリング』。
天然の木が床にいてくれると、窮屈な感じがなくなり、居心地良い空間になりますね。

このテレフォンボックスもそうですが、Open Aのオフィスには「元ゴミ」たちがそれはそれは魅力的な家具として活躍しています。

住宅もそうですが、オフィスらしい空間。なんてものはないのかもしれません。
Open Aにとってのオフィスの形が見える、楽しい事例をありがとうございました!

(梅川)

内装は暮らしの背景

2018.05.08

toolboxアイテムを取り入れた空間づくりの実例インタビュー第4弾!

今回は、toolboxスタッフ竹沢の自宅に行ってきました。築40年、69㎡、3LDKの中古マンションをフルリノベーション。仕事柄たくさんの素材やパーツを知るスタッフが、どんな家で暮らしているのか、気になるところではないでしょうか?

竹沢邸の家づくりは、こちらのコラムでも紹介しています。

家づくりドキュメント
>第1話「物件選びは暮らし方選び〜物件探しから購入まで〜」

>第2話「理想と予算との戦い〜プランニングから素材選びまで〜」
>第3話「予想外は想定内〜工事着工から完成まで〜」

コラムでは、中古マンションを購入したきっかけから、プランニングと素材選びのコツ、完成までの様子を書いていますが、こちらのPin-upインタビューでは、数あるアイテムの中からなぜこれを選んだの?というところを深掘りしていきます。

床材はオークで即決


竹沢の前職はインテリアショップとインテリアメーカー。根っからのインテリア好きの家づくりは、置きたい家具を想定して始まりました。

「自分の好きな家具のテイストに合わせて、床はオーク材にしたいと決めていました」

アンティークの丸いダイニングテーブルも、ソファも、家具のほとんどが引っ越しに合わせて新調した物で、内装のプランニングと同時並行で考えて購入したとのことです。

「施工費を抑えるため、増し貼りできる12mm厚を希望していました。また、子供が生まれる予定だったので、水分をこぼしても安心なウレタン塗装済みの『ラスオークフローリング』がちょうど良いと即決。ウレタン塗装でもテカテカしていないし、色味や節にばらつきがある見た目の雰囲気も良く、傷が付いても目立ちづらいので大正解でした」

増し貼りというのは、すでにある床の上に重ねて床材を貼ることで、一旦既存の床を剝がすよりコストを抑えられます。ただし、どんな物件でもできるとは限りませんのでご注意を。


寝室の床には、『スクールパーケット』が使われています。こちらも家具やミラーと馴染んで良い雰囲気。

「他の部屋と少し変化をつけたくて、市松模様のパーケットに。無塗装品なので、カラーオイルを塗って好みの色に仕上げてもらいました。LDKと続き部屋なので、同じオーク材で広がりが感じられるように意識もして選びました」

確かに、ドアが開いている状態でも違和感なく繋がっていますね。フローリングとはいっても、樹種や色が極端に違うとちぐはぐな印象になるので、参考になります。

リビングの『ウッドブラインド レッドシダーギアタイプ(カラー:NC302)』もtoolboxの商品です。二重サッシの窓枠を隠すために、カーテンではなくブラインドを選んだとのこと。こちらの窓からの景色は飲食店のため、光を取り入れつつ、外の景色を誤魔化すのにも一役買っています。

玄関はもともと設置されていた下足入れの天板だけを『フリーカット無垢材 ホワイトオーク』に交換。

「オーク材が好きなんですよね(笑)。床に合わせれば統一感も出ますし、ツルッとした白の天板よりも雑貨や花が映えますから。玄関にはお気に入りのリサラーソンなどを飾っています」

下足入れ自体を変えなくても、天板を変えるだけで随分とあたたかみのある玄関になりました。

販売前の商品を使ってみる

toolboxスタッフならではのエピソードですが、内装のプランニング時にはまだ販売開始していなかった商品も多々採用したそうです。例えば寝室には、『木製パインルーバー折れ戸』『陶器スイッチ』『シーチングカーテン』を。

「たまたま販売予定のものが理想とピッタリだったんですよね。基本的にスタッフが欲しいと思う物を商品化しているから当然なんですけど、toolboxには自分でも使いたいアイテムがいっぱいあります。前の家でもtoolbox商品を使っていましたが、実際に自分の家で使うことで、使い心地やリアルな感想をお客様にお伝えできるのもうれしいんですよね」

『シーチングカーテン』には『ガーゼカーテン』を合わせて使っています。

「太陽の光で目覚めたい派なので、この組み合わせがちょうど良いです。『ガーゼカーテン』はほぼ閉めっぱなしですが、柔らかな光が寝室を包み込んで、晴れた日の朝は気持ちいいですよ」

実は竹沢はtoolboxでカーテンの担当をしています。自分で開発した商品を自宅で使う。商品開発担当ならではの醍醐味ですね。


自分の家は実験の場でもある

キッチンには『ラスティックタイル プレーンカラー(ブラック)』を貼っています。なぜこのタイルを選んだのですか?

「大好きなインテリアスタイリストさんのお宅のキッチンに憧れて、黒いタイルを選びました」

でも、理由はそれだけでは無かったそうです。

「水回りの壁に使うタイルは白や爽やかなブルー系が人気があり、黒のタイルって使う方が少ないんです。黒いタイルでも、白壁を残すことで圧迫感なく使えるんじゃないかと思って、実際のところを試してみたかったんですよね。結果、オープンキッチンの良いアクセントになったし、汚れも目立たないので良いですよ。目地の色はグレーがおすすめです」

壁の段差を利用して、ボトルやコーヒーメーカー、スパイスなど、ちょっとしたモノを置けるようにしているのも便利そうですね。

また、上の写真の吊り棚を見てください。『ハンガーバー 6φ 鉄』をちょっと変わった使い方をしています。

「吊り棚に乗せた食器や缶の落下防止として、ダイニング側にバーを付けたくてサイズオーダーしました」

“物を掛ける”という用途だけに囚われない使い方、まさに実験ですね。

「バーの部分も溶接で一体化されている吊り棚を造作するという選択肢もありましたが、それだと工場で造作してもらうことになって送料が高くつくので、この方法にしました。ばらけているパーツを現場で組み立てる方が、配送がコンパクトになって送料が安くなりますしね」

なるほど、そんなコストダウンの着眼点も!

洗面室にはタオル掛けとしての『ハンガーバー』も。こちらは水に強いステンレスを採用。

「間違いなしの安心感で、ここにはこれだろうと、何にも考えずに決めました(笑)」

徹底的に自分仕様

既存のキッチンは解体し、『オーダーキッチン天板』とラワンでオリジナルキッチンを造作。

「キッチンに一番こだわりましたね。作業スペースを広くしたので料理がしやすいです。収納部分は、ここにはレンジを置きたい、炊飯器は引き出せる棚にしまいたいなど、細かい要望を伝え、造作してもらいました」

キッチンの内側に家電用のコンセントを仕込んでもらっているので、コードも見えずにスッキリ。



キッチンのダイニングテーブル側は食器棚になっています。

「持っている一番大きい食器の大きさを測り、奥行きを決めました。無駄なスペースをつくらず使えるよう、棚板の高さが変えられる可動棚になっています」

ホームパーティー好きな竹沢は食器をたくさん持っているイメージでしたが、意外にもコンパクトな収納に収まっていてびっくり。キッチン=システムキッチンと思いがちですが、自分仕様に作るキッチンは、こんなに快適なものにできるのですね。

素材を合わせて統一感を

「ラワン材で扉や棚を作りたくて、洗面には同じ素材の『ラワンの洗面ミラー』を選びました」

洗濯機上に作った洗剤置きの棚は、子供の手が届かないので安心だそうです。洗剤はパッケージがおしゃれなボトルに詰め替えて、見えていても生活感がでないように工夫しつつ経済的に。真似したいアイデアです。

洗面台はもともとあったものを収納扉だけラワンで作って交換。隣の家事室に繋がるドアは『オーダーフラッシュアドア ラワン』、キッチンにもラワンを使っているので、家全体のテイストが一致しています。

コラムでは、洗面室のビフォーアフターがご覧いただけます。既存を活かしているのに激変していて、面白いですよ。

ラワンのドア繋がりで今度は書斎をご紹介。書斎のドアも『オーダーフラッシュアドア ラワン』です。

「元のドアはツルッとした木目調シートが貼られたもので、色味も合わなかったので、作り変えることにしました。LDKにも面しているし、ドアが与える印象は大きいので」

書斎のデスクは『Lアングルテーブル脚』に『フリーカット無垢材 ナラ(節・白太有)』を合わせて作ったもの。

「この造作デスクはショールームでも展示していて、お客様に詳細を聞かれる機会も多く、説明しているうちに自分でも欲しくなってしまって。ほとんど主人が使っているんですけどね」

このデスクのおかげもあってか、お子さんが生まれてから、旦那さんは家で仕事をする時間が増えたそうです。


困った時のアイアン塗料


個室のドアも、玄関収納のドアも、トイレのドアも、取っ手やドアハンドルは既存のものに『アイアン塗料』を塗って利用しています。

「ひとつひとつを買い換えると地味にお金がかかるし、選ぶのも地味に大変。フォルムが嫌ではなく質感が気に入らないという場合は、『アイアン塗料』はおすすめです」

「リビングドアも、実は木製なんです。アイアンドアより軽いし、コストも半額くらいダウンできました」

リビングドアは造作で、アンティークドアの写真を参考にして、同じようなフォルムのものを作ってもらったそうです。本物のアンティークドアだとサイズに合うものを探すのが大変なため、たどり着いた策とのこと。

「窓のサッシも全箇所『アイアン塗料』を塗りました。前に住んでいた家でもこれを使ったら見違えるようになったので、使わない選択はなかったですね」

マンションのサッシは共用部に当たるので、通常は自由に取り替えができません。でも、専有部にあたる内側だけは塗装してもOKなことが多いのだそう。取り替えなくても印象が変えられるこの方法は、参考になりますね。

暮らしの背景となるものを

toolboxのスタッフとして、日々たくさんの素材やパーツに出会い、触れている竹沢。いろいろ知っていると、「アレもコレも使いたい」となってしまいそうですが…。

「どのアイテムも即決したものが多かったですね。どんな素材やパーツが世の中にあるのかということを知っているからこそ、この予算で使うなら、この家具と合わせるなら、という判断が早くできたんだと思います。たくさん見ると迷ってしまって決められない!というお声をお客様から聞くこともあるのですが、あとで後悔しないためにも、いろんなものがあることを知って、自分に納得のいくものを見つけて欲しいです」

そうそう、その素材やパーツを選んだ経緯も思い出してほっこりするような、そんな空間づくり体験をしてもらいたいですね。

「子供が生まれて、家で写真をたくさん撮るようになって思うのは、内装は暮らしの背景だということ。日々の暮らしの中で、幸せだなって呟いてしまうことが本当にあります。そんな家をtoolboxのアイテムをたくさん使ってつくることができた経験は、これからも良い商品を提供していきたいというモチベーションになりました。好きなテイストや選ぶアイテムは人それぞれですが、自分が満足する空間をつくっていただけたらうれしいです」

つくった本人が「幸せだな」と無意識に呟いてしまう竹沢邸は、訪れた私たちにとっても心地よく落ち着ける空間でした。自分も早く空間づくりがしたい!そう思ってしまう、参考にしたいテクニックが満載の取材でした。

(テキスト:佐藤/撮影:竹沢 一部画像提供:cowcamo)

惹きつけられる青の店

2018.05.07

私が毎日通る道に、アメリカの空気を感じる、素敵なお店があります。

外観が綺麗な青色で、サインやテントに愛嬌があり、通るときにいつも目が行ってしまうお店です。
今回は、このお店に使ってもらった2つの商品を紹介したいと思います!

どちらも屋外で使ってもらっているのですが、『レバーハンドル玄関ポスト』と『ワンタッチドアハンドル 』です。

まずは、『ワンタッチドアハンドル』。
この目を惹く外観の中で負けない存在感を放っています。

ポイントは、ドアハンドルとドアの間に差し込まれているゴム部分。
本来は「白い」はずなのですが、ここでは外観の色と合わせて青に塗っています。
ちょっとした手間ですが、よりドアに馴染んでアルミの素材感が際立っています。

『レバーハンドル玄関ポスト』は、窓ガラス横の四角いフレームの中に綺麗に収まっています。
色もダークグレーを合わせて、可愛くなりすぎないベストバランスに!
横のオレンジ色もワンポイントとして効いてます。

店舗デザイン同様、フードメニューはアメリカンダイナー風!
中でもイチオシメニューはステーキだそうで、昼のランチステーキはもちろん、夜のポンドステーキはインパクト抜群です。

東京、三軒茶屋の駅近にあるので、お近くにお住まいの方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

(店舗デザイン/施工:WATZ inc.)

(梅川)

皆で囲むモルタル天板

2018.05.06

2017年の秋から販売を開始しました『モルタル天板』。
今回は、その記念すべき第1弾事例写真のご紹介です。


お店のような空間ですが、実はご自宅の1階をリフォームしたのだそう。
気になるその用途はというと、プライベート空間としてのほか、
お仕事のサロンとしてや、教室やお茶会の会場としても使っているとのこと。
ご自宅にこんな素敵な多目的スペースがあるなんて、(個人的に)とてもとても羨ましい…。

モルタル天板を使ったテーブルは、ナチュラルな木を使った空間の引き締め役になっていますね。
いろいろなシーンで、たくさんの方々に囲まれる場となるテーブルに、『モルタル天板』を採用していただき、うれしく思います。

今後はどんな事例写真が届くのでしょうか?第2弾、第3弾、お待ちしています!!

(タキザワ)

柔らかい窓辺にそっと佇む

2018.04.28

今回は、日当たりの良い窓辺に『カウンターデスク』を取り付けていただいた事例です。

こちら、材料はタモ集成材です。深みのある色合いが素敵ですね。
フローリングとの色のコントラストも素敵。
真ん中にある窓からの日差しが、白を基調とした空間を柔らかく演出してくれています。

左側をよーく見ると、配線孔も開いています。
パソコンなどの配線などもすっきりまとまり、デスクが散らかることもありませんね。


また、前方には脚も取り付けました。
お子さんが前に乗り出したり、、、といったときに脚があったほうが安心!
ということで、しっかりとした造りにしています。


カウンターデスクに使う予定の椅子もご準備いただいておりました。
タモとの相性バッチリですね。
座面のシンプルなクッションもいい味出してます。

日中の日差しも相まって、お勉強したり、読書をしたりするにもちょうど良さそう。
これからどんどん活躍していきそうですね!

(タナカ)

正方形なキッチンの頭上には

2018.04.13

築40年の中古マンションをフルリノベされた、鹿児島にお住いの方から事例写真をいただきました。

この素敵に整頓されたキッチンからも感じるものがありますが、ここにお住いの方は「ライフオーガナイザー」をされているそうで、いわば収納やインテリアのプロ!
収納が気になるキッチンなので、覗けるのは嬉しいですね。じっくり紹介したいと思います!

まず、そもそもの話でキッチンが珍しい正方形!
オーダーされて作られたそうですが、入れたい設備と見た目、収納面からこのような形をオーダーされたそうです。

正方形って珍しいですが、部屋の真ん中に置いてぐるっと回りながら作業って考えると、家事動線がとっても良さそう!
家族で作業するなんてときも、作業スペースが広々してるのでいいなー…。と、妄想は広がりました。

そして、忘れちゃいけないのがキッチンの頭上にぶら下がる『フラットレンジフード』!
正方形なキッチンに、ほぼ正方形な『フラットレンジフード』の相性の良さ。

躯体現しにマットなブラックもとっても雰囲気良しです!

(梅川)

一本脚のデスク

2018.04.05

今回ご紹介するのは、『カウンターデスク』の事例。
『カウンターデスク』は両側に壁がある箇所へ設置することが多いのですが、
今回の事例は壁が片側にしかない箇所への設置でした。


壁のない側には脚を添えて施工しました。
天板は白で、小口も白に統一。
見た目もすっきりしていて美しく仕上がりました。


今回は片側が壁に取り付けられなかったので、より強度を確保するために、脚のほかに天板の下に幕板を入れる処理を施しています。
1本脚を取り付けつつも、『カウンターデスク』の魅力であるすっきりした足元空間が生まれました。


配線コード用の穴も造作。
配線コードのごちゃつきも避けられます。

壁から壁へ渡すロングカウンターの造作が多い『カウンターデスク』ですが、
こちらの事例のように、片側しか壁がない箇所への取り付けにも対応しています。
「そんなに長いカウンターじゃなくていい」「足元がすっきりしたデスクがほしい」という方、
こんなスタイルも可能ですので、ぜひ参考にしてください。

(シブヤ)

 

 

 

自分で編集してつくり上げる「納得の家」

2018.04.03

toolboxアイテムを取り入れた空間づくりの実例インタビューの第3弾!

空間づくりの際、お施主さん自身がフローリングやキッチンなどの素材やパーツを選ぶことはあると思うんですが、こちらのお宅は何と、間取りも施主自身がプランニング。toolboxのコンセプトである「自分の空間を自分で編集する」をまさに体現した事例なんです。

素材選びも間取りのプランニングも自分たちで

吉川和志さんと未来さんご夫妻は、結婚を機に東京・杉並区にある築43年のマンションを購入してリノベーション。実は和志さんは、今回が2度めの空間づくり。1度めは独身時代、toolboxのグループサイト「東京R不動産」で見つけた中古マンションを購入して、リノベーションしました。

「昔から東京R不動産のファンで、リノベーションに憧れていたんです。狭くて間取りの考えようがなかったこともあって、東京R不動産の人に紹介された内装屋さんと一緒に好きな素材を選んで、リノベーションしました。その過程がすごく楽しかったんです。今回も自分たちで素材を選んで空間づくりしたいと思い、1度目の内装屋さんに協力してもらいました」(和志さん)

今回、吉川さんご夫妻は間取りづくりにも挑戦!上の図は、プランニング途中の案。グラフィックデザイナーである未来さんがお仕事で使うソフトを使って作成しました。すごい!

「費用を抑える目的もあり、内装屋さんにはなるべく施工してもらうだけという形にしたかったんです。プランを内装屋さんに見せて、配管の位置の検討や現実的な寸法への落とし込みをやってもらい、工事費を確認しながらプランニングを進めていきました」(和志さん)

「自分仕様」な空間づくり 

LDKの床に使ったのは『ヴィンテージ加工フローリング ナチュラル189』。当初は、費用を抑えることを優先してより安いものを検討していたところ、toolboxのショールームでこちらのフローリングを気に入り、変更したのだそう。

「黒パテされた節の表情に一目惚れしたんです。費用がアップするので夫婦で揉めたんですが(笑)、広く面積を占める部分なので、気に入ったものにして良かったです」(未来さん)

リビングの一角に設けたワークスペースは、足元をすっきり見せたいという理由で、置き家具ではなくカウンターデスクに。天板は『フリーカット無垢材 ナラ(節・白太有)』。パソコンを置いた際に作業しやすい奥行きを検討し、造作してもらいました。

「1度目のリノベでは時間がなくてDIYできなかったので、今回はやりたかった」(和志さん)と、グレーの壁は夫婦で塗装。こうして一面だけ仕上げを変えてみると、空間にメリハリが出ますね。

洗面室の長いカウンターも、ワークスペースと同じ商品をお使いいただきました。下には棚や椅子を置くスペースもあって便利そう!カウンター脚や小物を置いた台の部分は、『ラワンの洗面ミラー』と同じラワン合板。『工業系レセップ ソケット01』と『水彩タイル (セラドン)』もグレー系でリンクしています。

かっこよく見せながらコストダウン 


キッチンの壁には『レトロエイジタイル オリーブ小口平』をセレクト。シンプルなキッチンは、『オーダーキッチン天板』と『テーブル脚』を組み合わせて作ったものです。

「『テーブル脚』はメッキも塗装も施されていないので、キッチンには不向き。でも僕たちは、錆びてもかっこいいかなと思って。最初は扉や引き出しを付けることも考えましたが、作り込むほどお金がかかるので、必要になったら作ろうと考え方を変えました。結果的に、オープンなほうが使い勝手に合わせてアレンジしやすくて気に入っています」(和志さん)

コストのためにあきらめるのではなく、コストを意識しながらも自分たちにとってベストなことを考える。そんな吉川さんご夫妻のスタンスは、「自分の空間を自分で編集する」空間づくりだからこそのことのように思いました。

コストダウンテクニックはほかにも。床は、既存の床の上に新たな仕上げ材を貼る「増し貼り」にして費用を抑えました。壁も、既存の壁を白く塗装し直すだけにしています。

寝室のクローゼットドアは既存利用。もともとは別の位置にあったクローゼットを解体し、新たに作ったクローゼットの間口をこのドアに合わせて取り付けました。入口のドアは『オーダーフラッシュアドア ラワン』で素材を揃えてコーディネート。

そしてこちら、ライティングレールに取り付けられているのはスポットライト…ではなく裸電球!使っているのは『ライティングレールプラグ E26ソケット(BK)』。全体を明るくするのが目的だったら、低コストなこの方法、オススメです。

真似したい!収納アイデア

さらに吉川邸で気になったのは、ちょっとしたことだけど使い勝手が断然変わる収納のアイデア。

ワークスペースに設けた『棚受け金物 鉄200』とラワン合板で作ったオープン棚は、吉川さんご夫妻のアイデアで、棚板の奥行きを無印良品のファイルボックスに合わせたサイズに。
このファイルボックス、私も使ってるんですけど、これにちょうどいい奥行きの棚って既製品ではなかなかないんですよ…!住まい手自らデザインしているからこその気づきだなぁと思いました。

こちらも「これいい!」と思ったアイデア。キッチン正面の壁に段差をつくっておいて、スパイスなどを置けるようにしてるんです。
キッチンツールは亜鉛メッキのマルチバー 亜鉛メッキ仕上 W700』に吊るして収納。生活感が出がちなところも、背景となる素材や寄り添うパーツを厳選すると、見映えが変わりますね。

洗面室に設置していただいた『アイアンハンガーパイプ コの字型-天井吊タイプ(ホワイト)』は、タオルを掛けたり室内干しに使う以外に、「スチームアイロンをかけたいときにもちょうどいいんです!」と未来さん。なるほど!長いカウンター台はアイロンがけにも活躍しそうです。
ちなみにドアは『オーダーフラッシュアドア シナ』を白く塗装、ドアノブは『ヘキサレバーハンドル ニッケル表示錠』をお使いいただきました。

カーテンレールがちょっとした小物を置けるデザインになっているのも、いいなと思いました。
実は窓のサッシはもともとはシルバー色で、室内側だけ『アイアン塗料』のチャコールグレーで塗装しています。サッシの色も、空間の雰囲気をガラリと変える要素のひとつです。

「自分で考えて選ぶ」過程が心地よい暮らしにつながる

素材探しは主にインターネットで行ったという吉川さんご夫妻。気になる素材や参考にしたい事例の写真をPinterestにまとめ、夫婦で共有して素材を検討していったそう。

「建材のネットショップは詳細や買い方がわかりにくいものも多くて、その点、toolboxは記事でわかりやすく説明されているし、僕らのような素人も買いやすい。ショールームで実物が見れるのも良かったですね。商品の使用事例も、モデルルームみたいにかっこ良すぎる空間ではなくリアルな空間が多いので、イメージがしやすかったです。imageboxも参考になりました」(和志さん)

と、toolboxのコンテンツをフル活用して空間づくりに臨んでくださったとのこと!
私たちtoolboxとしても理想的な使い方をしていただくことができ、とてもうれしいです。

「間取りづくりも素材選びも自分たちでやるのは、予算との折り合いをつけるのが大変でした。でも、その過程があったから、納得のいく空間をつくることができたんだと思います。喧嘩もしたけど、どう暮らしたいのかを夫婦でじっくり話し合えたことも、良かったですね」(和志さん)

ただ好きな素材を使うだけでなく、なぜそれがいいのかを自分たちでしっかり考えて選ぶ。そんなふうに住まい手自身が空間づくりに主体的に携わることが、住まいの満足度につながるのだなと、吉川さんご夫妻のお話を聞いて改めて思いました。

和志さん、未来さん、ありがとうございました。
吉川さんご夫妻のような幸せな空間づくりをもっと世の中に増やすべく、頑張ります!

(テキスト:佐藤/撮影:渋谷)