▼事例紹介ブログ

事例紹介ブログ toolboxで購入いただいた方からの写真を紹介します。

toolbox Pin-upとは?

  • このブログでは、toolboxでご購入いただいたお客さまが実際に商品を導入した風景を写真でお届けします。商品を検討する際の参考としてご覧ください。

Pin-up カテゴリー

事例写真募集中!

  • toolboxでは、toolsが皆様のお手元に渡った”その後”のお写真や感想を随時募集しております。
    お寄せいただいた写真の中から一部こちらのブログでも紹介させていただきます。是非ご協力ください。

表面材にこだわって

2016.09.01

見せたくないものは上手に隠す。
キッチン上のスペースを『オークの挽き板』を使って仕上げた事例をご紹介します。

pinup_23927_5

白い壁に、濃いめの木の色が空間を引き締めているキッチン。
収納スペースが豊富で使い勝手の良さそうですが、オークの挽き板を使う前は空調のダクトが丸見えでした。

pinup_23927_1

これは気になってしまいます。

それを隠すものが、下の三角形。
廃材で下地を作り、表面にオークの挽き板を貼り付けて完成させてあります。
下地をコストのかからないもので作っているので、比較的手軽に作れるのがポイントです。

pinup_23927_2

pinup_23927_3

ちなみに、オークの挽き板はオイル塗装してあります。
砂のテクスチャー感じる白い壁と相性が良い、深みを感じる風合いです。

pinup_23927_4

そのキッチンですが、オークの挽き板以外にも『棚受け金物』を使って幅の狭い調味料を置くのにちょうど良さそうな棚を作って頂いたり、

pinup_23927_6

ステンレスのシンプルさが美しい『ハンガーバー』もお使いいただきました。

仕上げの段階でこだわりたい部分って多いと思いますが、貼り付けるだけで雰囲気の大きく変わる薄い木材は、幅広い使い道があります。

【オークの挽き板】オーク105
【棚受け金物】鉄60
【ハンガーバー】6φステンレス

寝室で過ごす時間

2016.09.01

th2_カウンターデスク事例 文京1

ゆったりとした寝室の窓際にカウンターデスクを設置させていただきました。

th2_カウンターデスク事例 文京3

今回は幅が2mと長かったので、デスクがたわまないよう中央に脚を1本取付させてもらいました。
やじろべえのような形が愛らしいです。

th2_カウンターデスク事例 文京2

寝る前の静かな時間に読書や調べ物ができるデスクスペースが寝室にあったら、
一日の最後にゆったりとした落ち着いた時間をすごせるのでしょうね。憧れます。

【カウンターデスク】ゴム集成材

「柄と色」に負けない存在感

2016.08.31

柄・色使いがアーティスティックなダイニングキッチンに、『鉄の脚』をお使いいただきました。

pinup_18629_2

花柄にドット。ヴィヴィットな緑にアクセント的に入る赤やピンク。
いろいろなものが混じり合っていても気持ちの良さを感じる、賑やかな空間です。

テイストを揃えてコーディネートするよりも、難易度髙いですよね。
私は部屋でも服でも、雰囲気を揃えてコーディネートしがちなので、これからの参考にさせていただきます。

pinup_18629_1

ご使用いただいた鉄の脚は、中心のダイニングテーブルにお使いいただきました。
シャープでシンプルなシルエットなのですが、この空間の中でも独特の存在感を放っていました。

【鉄の脚】高さカスタムオーダー

テレビタイムの視界の片隅に

2016.08.30

テレビ台の背景となる壁面を『古木タイル』で飾って頂きました。

pinup_18087_2

不揃いな古材たちの表情が荒々しくもありながら、木そのもののもつ温かみを感じさせる壁面に仕上がっています。
棚の上に並ぶのが、女性らしい印象の写真立てなことも、ハードとソフトさのバランスがとれているポイントです。

pinup_18087_3

テレビの後ろの壁って、テレビを見ているときには自然と目に入るスペースなので、お気に入りの壁が仕上がっているとテレビタイムが少し幸せになりそうです。

【古木タイル】ナチュラル/太め

すだれ張りの足場板

2016.08.27

畳のお部屋を『新品の足場板』にDIYで張り替えた事例をご紹介します。

こちらのお家は以前に「空き家から華やかなお家に」で紹介させていただいた、築30年の賃貸物件を”何をしても構わない”という条件で借りたお客様の、DIY第2段の紹介です。

pinup_23246_1

アフター写真は上のように畳のお部屋。
個性をプラスしようと思うと、確かにちょっと味気ないのかも。

ビフォーアフター写真だけでなく、どのような手順で工程を進んだかのお写真もいただいたので工程順に見ていきましょう。

1、畳を剥がす

pinup_23246_3

最初は畳と板の間に新聞紙が挟まっていたようです。
撤去して掃除をしました。

2、ベニヤ板を貼る

pinup_23246_6

もともと貼られていた畳の厚さにあわせて、足場板を並べたときに段差ができないようベニヤ板を用意したそうです。

3、サイズに合わせて足場板をカット

pinup_23246_5

pinup_23246_7

サイズにあわせて丸ノコでカット。

4、床用ボンドで接着

pinup_23246_4

同じ長さに接合面をそろえて張る方法の、すだれ張りで施工。
互い違いに貼っていく方法が一般的なので、すだれ張りだと独特の雰囲気に仕上がっています。整頓されている感じにまとまりますね。

床職人という床用ボンドを使って接着し、4角にビス打ち。
反ってきたら都度ビスを増やして対処する予定なんだそうです。
(このざっくり感がDIYで楽しむコツなのかも。)

pinup_23246_2

完成系がこちら。
以前の記事も見ていただけるとよりわかりますが、空間の変化が著しいです。

床という大きい面は雰囲気を変えるにはとても大事ですね。

【新品の足場板】35mm厚_無塗装

真心伝わる空間つくり

2016.08.26

「VeroCuore」はイタリア語で「真心」という意味です。
祐天寺にあるイタリアンレストランVeroCuoreには真心の籠ったお料理と、多くの人達が笑顔で過ごせる“空間”がありました。

pinup_18795_2

pinup_18795_1

フロア用に設置されたペンダント照明は『ガラスボール照明』。
店内全体を温かみのある雰囲気に照らし、お客様からも非常に好評のようです。

設置されているのは7つですが、窓ガラスに照明が映り込み、果てなく並んでいるように見えて幻想的な雰囲気を作り出しています。

pinup_18795_4

映りこむ明かりの優しい雰囲気。

pinup_18795_5

もう一つ見ていただきたいのは食器棚を支える『鉄の方立』。
スマートなのにかなり力持ちで、厚みのある板にも重さのある皿にもびくともしません。
鉄のマットな質感は、棚の雰囲気をワンランク上のものに引きあげてくれています。

こちらのお店、今年の2月に改装し、ご夫婦で営んでいるそうです。
温かな料理と美味しいワイン。お腹が空いたなと思ったときには、是非立ち寄ってみてください。

【ガラスボール照明】黒×乳白
【鉄の方立て】H240サイズ

VeroCuore
祐天寺にあるイタリアンレストラン
http://verocuore.jp/

水廻りにプラス

2016.08.25

水廻り空間のちょっとしたアクセントに、パーツと照明が活躍してくれました。

pinup_18829_1 pinup_18829_2 pinup_18829_3

ますはトイレ。薄い水色の壁が、水回りにぴったりの涼しげで清潔感のある雰囲気に。
上に吊り下がるのは『ソケットランプMETAL』の亜鉛。
優しすぎず強すぎない風合いの亜鉛はちょうど良いアクセントになり、『ペーパーホルダー』の色合いとも近いのでまとまりのあるスペースに。
いろいろなテイストを入れないことで、落ち着くスペースが完成しています。

pinup_18829_4

pinup_18829_5

洗面所は優しい風合いの塗り壁に、2種類の特徴あるタイルで飾られていました。
トイレと比べると住む方の色があふれる空間に。
そんなスペースには、その色を壊さないシンプルな『ハンガーバー』と『レトロブラケット』が設置されています。

細かいところにまでこだわりをそそぎ込まれたお部屋は、誰が見ても“いい空間”ですね。

【ハンガーバー】6φステンレス(標準サイズ W40cm)
【レトロブラケットライト】斜め型アーム(乳白ガラス)
【ソケットランプMETAL】亜鉛
【ペーパーホルダー】シングル

麦のボックス棚

2016.08.24

麦わら独特の柔らかいテクスチャーが魅力の『麦わらボード』。
床や壁、天井などにお使いいただいていますが、実はボックス状にして棚として使っていただくのもおすすめなんです。

実際に使用していただいた、事例写真をいただいたのでご紹介します。

pinup_24476_1

本棚としてお使いいただきました。

ざっくりし過ぎないけれど、適度なラフ感がある空間には、優しげな“麦”の風合いがしっくりきます。
扱いの容易なように30cm角になっているので、DIYでもおすすめな材。
これからもいろいろな用途に使用していただけるのを楽しみにしております。

【麦わらボード】ナチュラル

長きを共にする“バー”

2016.08.23

すっきりとした、気持ちの良さがあふれる洗面所に『ハンガーバー』を導入いただきました。

pinup_18689_1

洗面台は造作されたということで、サイズも雰囲気もぴったりのものに。
正面の壁面は白いタイルで清潔感と涼やかさ。
そこに木の風合いがプラスされることで優しげな雰囲気もつくられます。

pinup_18689_2

その洗面台の横に設置されているのが、このハンガーバー。
シンプルで無駄のない美しさで、周りに溶け込みます。

長く使うことを考え、錆に強いステンレスをお選びいただいたとのこと。
その想いの通り、長い時間をこの洗面空間で一緒に過ごしていただけたらと思います。

【ハンガーバー】6φ_ステンレス(標準サイズ W40cm)

子どもの笑顔が集まる空間

2016.08.22

もともと教会だった施設をリノベーションし、「放課後デイサービス」に生まれ変わった建物をご紹介します。

放課後デイサービスというのは、障がいのある(療育が必要と認められる)子どもたちの学齢期における支援の充実のため創設された、障がい児の学童保育です。

pinup_23981_6

pinup_23981_4

入り口は外からの光がたくさん入ってくるように大きめの窓で明るく、開放的な雰囲気。
正面の格子扉がすこしレトロでノスタルジーな雰囲気を醸し出します。

上にちょこんと設置された照明は『素焼きレセップ』。
主張しないサイズ感と優しい質感がこの空間にぴったり。
電球は『耐震電球』をあわせていただきました。

pinup_23981_3

廊下にも素焼きレセップ。

pinup_23981_5

鮮やかなグリーンが目を引くこちらのお部屋。
この壁は『マグネット塗料』を下地に塗った黒板。
子供達がお絵かきをするのにぴったりの場所として活用されるのでしょうね。
どんな風に壁が飾られていくのか楽しみです。

周りの白い壁は『業務用白塗料』周りが白いからこそ、グリーンが映えます。

pinup_23981_7 pinup_23981_1 pinup_23981_2

これで最後のお写真ですが、今までのお部屋とは雰囲気が一気に変わったこちら。
気になるのは何と言っても立派な梁!
お話を聞く限りですと、リノベーション前は天井板に隠されて見えなかったそうです。
外した時に、上がった天井高にテンションが上がったことでしょう。
リノベーションの醍醐味を痛感するところですね。

そして、梁を挟むように設置された『ソケットランプMETAL鉄』。
コードを長めに加工しちょうど良い高さに。
鉄の無骨なテイストがより、大人っぽい空間を演出しています。

スタッフの事務所として使う場所のようで、この空間だけ大人仕様なのも納得。

 

たくさん商品導入いただきましたが、それぞれ遊び心溢れ、子供達が集まる素敵な施設に使っていただき嬉しいです。
施設のオープンは9月。気になる方は下記の施設のサイトもご覧ください。

【耐振電球】白熱七角フィラメント(E26)60W
【ソケットランプ】METAL_鉄
マグネット塗料】5L缶
【業務用白塗料】16kg缶
【素焼きレセップ】黒土

放課後デイサービス
http://www.toisu.medihome.co.jp

【設計施工】
荒木牧人建築設計事務所+チームKHD